モノコック構造高耐火性能に守られる安全な家

ツーバイフォー工法は堅牢なパネル材による壁・床・天井の6面体で構成され、この6面体ができあがると、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。

そのため耐震性・耐久性に優れ、大地震や台風などにも強い家となります。また耐火性能が高く、火が燃え広がりにくい工夫がなされているため火災にも強く、大きな自然災害が発生している近年の状況もあり、安全な家を求める人にとってツーバイフォーの家が注目されています。


 地震に強い! 
       先の地震でも倒壊率はなんと0.025%以下!!

明日来るかもしれない大地震に備えることは、

これから家を建てる人にとって避けることのできない条件です。

ツーバイフォーの家は過去の3回の大地震(東日本大震災、阪神淡路大震災、新潟中越地震)において、全壊はわずか0.025%以下! 巨大地震が何度も発生したにもかかわらず、それに耐えたことはツーバイフォーの地震への強さを証明しています。

 

阪神淡路大震災

(平成7年)

新潟中越地震

(平成17年)

東日本大震災

(平成23年)

全壊

0棟 0棟 7棟 ※2
半壊 2棟 0棟 69棟
一部損壊 287棟 ※1 0棟 413棟

多少被害、及び無し

8659棟 725棟  19633棟

(出展)日本ツーバイフォー協会

※1 類焼(隣家の火災による延焼)8件  ※2 6件は地盤崩壊、1件は類焼他(地震による火災)


 台風に強い
       風速70mにも余裕で耐えるあおり金具採用

台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれたツーバイフォー工法には強風に備える様々なアイデアが採用されています。

その一つが屋根と壁部分を接合している『ハリケーンタイ』と呼ばれるあおり止め金具です。風速70mの風にも余裕で耐える強度を有し、モノコック構造と相まって風速90mの激烈な風に対してもビクともしません。

屋根には在来工法で一般的に使用される物より太い2x6材を使用し、外壁面にしっかりと緊結しています。

あおり止め金具(ハリケーンタイ)

在来工法より太い2x6材を使用



 火災に強い!
     燃えにくい壁材延焼しにくい構造秘密!

ホームテックのツーバイフォーは外側にヘーベルパワーボード、室内側に二重張りの石膏ボード、壁材の内部に不燃材のロックウールを充填。より燃えにくい材を使用して建てられています。

さらに、壁パネル内の空気層を細かく区切ることで気密性が高め、酸素供給を断つことで燃えにくくする「ファイヤーストップ構造」。

壁内温度の急激な上昇を防ぐので、初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。